スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

+++ ソウル旅 食堂ヨギ +++




tokeisoh12121601



気になって看板の文字をweb翻訳で調べてみた。
上の2文字で[yo gi…腹の足し?]、下の左3文字が[ju meok bap…おにぎり?]
秘密の暗号を解くみたいで何だか面白い
下の右3文字は何て書いてあるのかな~。


今回は お得なツアーを利用。
空港からホテルまでの送迎の途中、ツアーらしく東和免税店への立ち寄りが含まれていて、
せっかくだからと地下のエルメスをチェック。
台北で紛失して同じモノを探してるリングはここでもないと言われ、
目に入ったシェーヌダンクルブレスレットの値段を聞いてみると日本とそれほど変わらない感じ。
冬になると欲しくなるカシミヤシルクの大判スカーフは好きなプリントが1枚もなくて。
充実の コスメもこの時点では全然興味がなかったので、
自由時間の1時間を持て余してしまった。


まもなく免税店を出てペコペコのお腹でも満たそうと積もりたての雪道をサクサク歩く。
免税店前に並ぶ日本語表記のわかりやすい店を避けて角のカフェを曲がると、
周りの高層ビルとはまるで対照的な上の看板が見えた。
看板の文字も壁に下げられたメニューも全く読めないうえ、中の様子はまるでわからない。
なのに、なぜだか吸い込まれるように蒸気でくもった店の扉を押す。


「キンパッありますか?」



tokeisoh12121602



店の中のアジュマ(?)がやさしくうなずいてくれ、2人して中ほどのテーブルについた。
奥のテーブルに地元の人らしい先客が一組。
「キンパッ ハナ トッポギ ハナ ジュセヨ」 片言でキンパッとトッポギを注文、
さらに、ジェスチャーでカウンターに並ぶ天ぷらが3つでセットとわかって追加注文。
アジュマが手際よくキンパッを巻きながら その間に天ぷらを揚げ直してくれる。
美味しそうな匂い が漂ってきて、
思いがけず雰囲気のいい食堂を選んだみたいで待つ間も楽しい。


やがて注文した料理がすべてテーブルに並んだ。



tokeisoh12121603



右から、絶対ご飯派のワタシが大好きなキンパッ= 海苔巻き。
日本の海苔巻きとの違いは、周りのノリにごま油が効いてて中のご飯が酢飯じゃないこと、
このキンパッを食べるために訪韓したと行っても間違いじゃない。
ランダムに選んだ真ん中の天ぷらは、サツマイモとゲソと春雨みたいなのをノリで挟んだモノの3つで、
味は日本のモノとほとんど変わらず、揚げたてでアツアツ。
左が食べた後からジワジワと辛さが襲うトッポギ。


どれも美味しかった~ そして、ホッとする味。
最初チョット頼みすぎちゃったかなと思った3品も、
口の中がヒリヒリして完食できなかったトッポギをのぞいて全ていただきました。
雪道で冷えきった体も温まって満足。


店に入ってからアプリで憶えた「ケーサネ ジュセヨ」で勘定をお願いすると、
電卓で7500Wと表示して見せてくれた。
当時のレートで600円くらい?
おつりを渡してくれるアジュマに「マシッソヨ~」と声をかけて店を後に。


帰る途中、往きに通りがかったカフェでアメリカーノをテイクアウトして免税店へと急ぐ。
アメリカーノ2杯の値段がさっきの食事代より高いことに友人が驚いていた。
免税店では何も収穫がなかったけど、降り止まない雪とは対照的に、
心も体もホカホカの自由時間だった


幸先のよい旅のはじまり。

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 球形の奏でる音楽 all rights reserved.

Profile

NO MUSIC,NO LIFE.

tokeisoh

Author : tokeisoh

JVR Music

Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Links

tokeisou11850

jaychouasia_banner

tokeisou9692

tokeisou9265



tokeisou11848

tokeisou9089

tokeisou9214

tokeisou9417

tokeisou9213

tokeisou10275



Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。