スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/18 歌迷同歡慶生會 その1

帰ってからもバタバタとあわただしくて
慶生會から早5日とご報告が遅くなってしまったけど
台北から戻りました。

このたびは、土壇場になって運が味方してくれ
1/18の慶生會に参加することができて本当に幸せでした。

tokeisou11433


今回の慶生會、AさんとMSさんとGさんの3人迷とご一緒
どんなに遅くても300番目には参加できるだろうからと
それほど気合いを入れないユルユルな待ち合わせ時間

の予定だった(笑)

わたしがホテルの部屋でマスカラと格闘してるころ
あれは待ち合わせの1時間くらい前
会場となる映画館近くのホテルに滞在のMSさんから
「いま様子を見てきたら少し列が出来てるみたい」とのメール。
で、その数分後には、Gさん会場到着との知らせ。
(早すぎだから・笑)

遅刻しないようにタクシーすっ飛ばして
時間の少し前に待ち合わせ場所のMRT西門站6番口に。
台湾南部から高鐡でかけつけたAさん
場所がわかりにくいかもしれないからと
会場を抜けてわざわざ迎えに来てくれたMSさんと合流。
3人して会場へ向かった。

tokeisou11444
        MRT西門站から5分くらい歩いて「今日數位影城」

tokeisou11450
        入ってすぐのエレベータで会場のある6階に

6階に到着するとキオクに新しいキャラメル君の姿。
サイン会に続いてお休みとれてヨカッタね。
かなり気合いの入った周杰倫ファッションのキャラメル君に
「この列の後ろに並んで」と指示される(笑)

やや狭めの階段に4人して並ぶ。
とはいっても、室内で雨風しのげるしその気があれば座れるしで
サイン会とは比べモノにならないくらい快適。

気になるお誕生日プレゼントは何にしたのか
初披露となる《龍戰騎士》MVがどんな仕上がりとなってるのか
どんな風に杰倫に声をかけるのか、など
迷じゃない人が聞いたらさぞかしイタい話をまぢトークする4人
途中 ランチを挟みながら楽しいおしゃべりはとりとめなく
(緊張で食べられないなんて心配なくガッツリ)
スタートまでの待ち時間も楽勝。

階下で待っているMさんから
「いまトランプ柄のバースデーケーキが運ばれていったよ」
ケーキの到着にドキドキ感が高まってきた。
スタート前にとトイレに向かう道すがら
「時計草さん」と呼ばれたような気がしてふと振りかえると
4時半の回に参加のKさんとYさんの2人にバッタリ。

それなりにキレイだったトイレでは
画像や動画で(わたしの中では)おなじみの台湾迷さんが
念入りに、それは念入りに歯磨きしてた(笑)

やがて、JVRのスタッフさんの姿がチラホラ
「入口で名前と電話番号を告げて」のアナウンスが流れ
ゆっくりと列が前進、みんなでソレに続いた。

tokeisou11445
     会場入口に設けられたわたしの身長を越える大看板

入口でパスポート提示しながら名前を告げ
記念品となるパスケースと会場で使用するビンゴカードを受けとる。
素敵なビジュアルに‘20090118’の日付が刻まれた
ユルユル感のない立派めなパスケース。
後になって聞いて知ったことだけど
2時の回は赤、4時半の回は黒と
参加の回によってそれぞれ色が異なってたみたい。

tokeisou11456
           わたしのは2時の回で鮮やかな赤色

パスケースを首から提げて5人ずつ整列。
いくつかの取材カメラがその様子をパシャパシャ撮影してるなか
スタッフの指示に従って2列10人単位での入場となった。
10人進んで、少ししてから次の10人と効率よく入場。

自分たちの順番がやってきて足早に会場へ入ると
最前列はどうやらプレス席らしく保留席との表示
どのあたりの席にしようかと迷ってると
Aさんの機転のおかげでなかなかの良席を確保。

tokeisou11431
      左右とステージ添いに‘J’を象ったバルーンなどの装飾

tokeisou11454
          席の半ばあたりに取材のカメラがいっぱい

気づくと最前列のプレス席にMさんとJさん(あよっ)
ポッカリ空いていたGさんの右隣の席には
期待で頬を紅潮させ何かおしゃべりしたそうな空気の男子迷ひとり。
Aさんが声をかけたけど興奮しすぎてて話にならない。
すぐに終了(苦笑)

毎度のことながら2時になっても始まる気配なく
いつになるのかなぁなんて見てると
スタッフに連れられてドレスアップした外婆ちゃまと葉惠美ママ
そして、声が届きそうなくらいの近くの席に。
《外婆》のフレーズが思い浮かんだ。

その瞬間、「お2人のキブンを害したら申し訳ないから」と
杰倫に聞きたい質問を紙芝居コント風に書いてきたスケッチブックを
そっとバッグに潜めたAさんが微笑ましかった。

MCは、HitFmでおなじみの阿娟小姐。
昨年10月の台北サイン会でも
ズッコケそうな迷のカラオケに手をたたいてのってくれたり
気の利いた言葉で会場をワッとわかせてくれたり
やさしい笑顔が大好きなDJさん。

で、つづく。。。

tokeisou11448
        こんなお茶目な30歳がどこにいるの?

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 球形の奏でる音楽 all rights reserved.

Profile

NO MUSIC,NO LIFE.

tokeisoh

Author : tokeisoh

JVR Music

Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Links

tokeisou11850

jaychouasia_banner

tokeisou9692

tokeisou9265



tokeisou11848

tokeisou9089

tokeisou9214

tokeisou9417

tokeisou9213

tokeisou10275



Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。