スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《魔杰座》高雄簽唱會の旅①

いま《魔杰座》を聴きながらのんびりPCに向かってます。
頬をすりぬける秋風のように音が心地いい。。

何をどこから書いていいのかわからなくて放置してた簽唱會レポ
時間が経つにつれて忘れていくだけなのに。
UPされる迷のみなさんのレポを目にすることで記憶を呼び戻しながら
自分の備忘録として少しずつここに記します。

気がかわって途中でストップしてもどうかお許しください~

今回の高雄行きをご一緒したのはブロガー朋友のGRさまとMSさま
現地で、Aさま・MYさま・SBさまとも会うことに。
台北のホテルを押さえていて前日入りを諦めたわたしが
高鐵(←台湾の新幹線)の始発じゃ間に合わないと選んだ交通手段は
調べて調べて調べて・・・見つけた高速バス。(笑)
(現地人ばり、国内でも経験ないのにね)
初めは「そんなのムリ」と拒否られるんじゃないかと心配してたこの提案にも
GRさまとMSさま揃っての躊躇ないOKの返事が救いだった。
(2人ともに素敵です)

tokeisou10890
手前カウンターがチケット売場、奥がテレビ付の待合所。

深夜の台北車站は暗くてもちろん人影もまばら
この場所には音がないんじゃないかと思えるくらいひどく静か。
しかも、そんな場所に女ひとり。
少し歩いて予定の時間よりかなり早く到着したバスターミナルで
わずかに残る人群に混じってテレビの流れる待合所のイスに座るも
しばらくして周りにいるのがバスを待つ人だけじゃないと気づき
(今夜、帰るお家がないっぽい人)
コワくて不安いっぱいになって・・・ああ、失敗しちゃったかなと。
やがて時計の長い針がゆっくりひと回りしたころ
はるか遠くによく知っているMSさんとGRさんの顔を見つけホッと安堵
自分のひどいノドの乾きにもようやく気づいた。

待合所内にかすかに高雄行きバスのアナウンスが流れ
日中に前もって購入しておいたチケットを見せながらバスに乗り込む。
ふかふかのフットレス&ひとり用テレビ付の十分すぎるバス席。
台湾バス業界のサービスアップを牽引してるだけあって
ミニスカートの小姐ガイドがお手ふきやらお菓子やらを順番に配ってくれ
走るバス車内ではブランケットやお茶の世話などしてくれる。
ウトウト眠りの域と現実を行ったり来たりしながら
バスはまだ舗装の整っていないと思われる道路をガタガタとひた走り
杰倫に会いたい一心で向かった高雄車站に着いたのは
コンビニと月明かりだけが頼りの夜明け前だった。

tokeisou10910
暗闇に浮かぶ高雄車站はまるで幽霊屋敷のよう。。

集まってくるタクシーの運ちゃんたちに「どこのホテル?」と聞かれ
GRさまがすかさず「没有!」
そう、わたしたちにここで泊まるホテルなんてない。
簽唱會に参加する今日のうちには台北に帰るんだから。
「このまま夢時代に向かおうよ。」そう言い出すか言い出さないか・・・
3人でそこに待つタクシーのひとつにサッと乗り込み
簽唱會が行われる夢時代へと急いだ。

ガイドブックにあった駅から車で10分をとうに過ぎたころ
暗闇に照らされた巨大な観覧車を見つけタクシーはストップ。
「時代廣場」と書かれた道しるべを頼りに夢時代をグルリと左へ回ると
植えこみにひっそり腰かける姉弟らしき男女
キョロキョロ伺うわたしたちを見て「周杰倫」と中を指さす。
敷地内に張られたロープを前に入っていいかどうか躊躇してると
暗闇から警備員らしき人が現れて「中に入れ」とジェスチャー。
ロープを跨いで進むその先に、迷の長い列が浮かんできた。
最高尾と思われる2人の女のコに目で合図して自分たちの順番を確保
その場に3人並んでゆっくり腰かける。
それは、これから続く長くて辛い修行の始まりでもあった。

tokeisou10936
記事とは関係ないけど、10/19香港簽唱會の☆まみれの杰倫。

tokeisou10925
日本でもショップに☆があふれてる、さすがファッションリーダー(笑)

comment

aloha!素晴らしい打開策でしたね。
でも確かに深夜のバスの待合室は怖いですよねぇ。。。
しかも外国で。。。
あぁー、Jayがこれを聴いたらきっとびっくり&感動すると思いますよー。

しかし、本当にこの高雄駅の旧駅舎と月明かり、怖すぎー!笑
本当にお化け、いそうですねぇ。。。

さてさて時計草さんの修行の様子、今後も続けて読ませていただきますよー。楽しみにしてます!

こんにちはー。
アルバムが届いたので、こちらの音源を聞いて見たら。。JAYが出演したS.H.Eのラジオ番組じゃないですかー。。
JAYのアルバムかと思って、わざわざミュートしなくてもよかったですね(苦笑)。でも中で曲が流れてるか。。

アロハバス。。(カタカナで書くとお風呂みたい。。)。
本当に素敵なアイディアありがとうございました!

バスターミナルでそんな心細い思いをさせていたとは。。すいませんでしたー。。私。。結構ぎりぎりに着いていたような。。

幽霊屋敷。。でしたよねー。。私の撮った写真では光度が足りなくて、もっと幽霊屋敷っぽい写真になってましたー。

時計草さん目線のレポ。。続きを楽しみにしてますね!

しかし。。この香港JAY。。
星柄に「J」の文字のアップリケ?がすごい(笑)。。
まだ、時代はJAYにおいついてないようだけど。。
星柄。。日本に溢れてるか今度チェックしてみます(笑)。

深夜バスで移動したんですねー。
もう、凄いとしか言葉が浮かびません。
いやはや凄いですから。っと。

成せば為るですね。

ちょっと感動しています。

いや、果たして私にそれほどの気概があるのかな?
あるの?!桐子どうなのって自問させて頂いております。
えー答えは正直、難しいかも。

凄いな、ご一緒のお2人サマも素晴らしいです!

高雄が懐かしいなぁ。

すごいですねー。これから先にどんな困難が待っているのか、時計草サン目線の体験記、楽しみにしてますね。

康熙來了、ありがとうございます!
ジェイさんは、アルバムの宣伝に来たんじゃなくて、マジック披露にきたみたいですね~。どうしてもやらないと落ち着かないという…。

男性スタッフはみんなジェイの裸を見たことあるのね…。パンツ穿かずにTシャツを穿く?ってどういうことだろう…。ジェイってさみしがり屋なんだろうなぁと、ふと思いました。

♪auさん

アロハ、なかなかいい乗り心地でした!
途中でのガタガタ道は気になったけど、着いてすぐにまた乗ってもいいかなと。
もちろん、高雄に住むauさんに会うためにです!
ただ(ひとりで待つ)深夜のバス待合室は考えちゃいますよね。
もうね、本当にコワかったんですよ~
あはっ、杰倫のことがなければチャレンジできなかったことですね。
相変わらずあほですね。。

高雄駅、長い時を経た建物が月明かりにうっすら照らされて
お化けじゃなくても、何か?出てきそうな雰囲気でした。
そういったウワサはないですか?(笑)

♪greenさん

こんばんは。
greenさんの元にも新アルバムが届いたんですね。
そう、《FM S.H.E》にゲスト出演したときの音源をUPしてたんですよ。
《魔杰座》プロモの一環としての出演でしたし
それぞれの新歌も紹介してたので聞かなくて正解です~

って、アロハバス=お風呂?(笑)
あは、高雄行きバス待合室でのコワい体験は全然気にしないでくださーい!
ま、いっかくらいの軽いキモチで到着したらあれ?みたいな。
(バスターミナルならダイジョウブだろって安易な考えがイケない)
にしても、あのわずかな時間、超コワかった~
いつもは待ってくれない時間があのときだけ足踏みしてましたね。
いまとなっては、あれもいい想い出です。

幽霊屋敷の写真、ちょっと補正してるんですよ。
なんたって、カメラマンの腕が悪いから。。。

コレって《魔杰座》ビジュアルで着てたジャケットですね。
本当に、どこまでが既成でどこからがオリジナルかわからないのがすごい。
先日、立ち寄ったショップの方も「星が多いですね」って言ってたし
仕事で2009春夏のファッションディレクションを読んだら
この秋冬に引き続き(←ここ重要)星モチーフが来るってありました。
読みどおり、やっぱりファッションリーダーだわ。。

♪桐子さん

成せば為る?
って、感動どころか、まさにクレイジーですね。
深夜バスで行っても、高鉄で行っても、高雄は同じですから。
(当たり前なんですけど)
わたしは、どんなムリを言っても決して反対しないみなさんに感動してました。
レポにすると何でもないんですけど、終始ワクワクって感じが続いてて
ヘビーさなんて忘れてるくらいでしたよ。

こんなことなら、行く前に
桐子さんほかみなさんの高雄レポ、ちゃんと読み返しておくべきだったなと。
夢時代とデパート以外、どこにも行ってないんですから。
あ、auさんの住む高雄、いいところでしたね。
10月の気候のいい日だったこともあるけど、また行きたいなって思いました。
いつか、ご一緒できるといいです。。

♪TKさん

高雄レポはとりあえず、台北レポが停滞中です。
あは、これから先はただひたすら待つってだけなんですけどね。(苦笑)

康熙來了、やっと見れました。
>落ち着かないという・・・
TKさんのおっしゃるとおり(爆)
肝心の《魔杰座》プロモそっちのけで、覚えたてのマジックばっかり披露してますね。
新アルバムについては、最後のほうにチラっとだけでしたっけ?
ま、小Sのツッコミを上手くはぐらかすためかもですけど・・・
とくに、あれこれ恋愛話。。。

杰倫の裸、わたしもソコ注目しました。(やっぱりね)
あれ?てっきりTシャツはそのままでパンツ(←服の)を着替えるって話かと。
(パンツの下は何も穿いてないわけだから丸見え)
さみしがり屋さんなのですね。。。
隠れてコソコソ着替えるのがらしくないって考えてるタイプだったりして?
ああ、わたしってやさしさが足りないです。。

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 球形の奏でる音楽 all rights reserved.

Profile

NO MUSIC,NO LIFE.

tokeisoh

Author : tokeisoh

JVR Music

Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Links

tokeisou11850

jaychouasia_banner

tokeisou9692

tokeisou9265



tokeisou11848

tokeisou9089

tokeisou9214

tokeisou9417

tokeisou9213

tokeisou10275



Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。