スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/16 武道館レポ

これまでになくドキドキしていたわたし・・・
無事に東京まで行けるのだろうか。
杰倫はちゃんと歌えるのだろうか。
意気込みすぎてやしないだろうか。
台北、上海、香港、と3会場を体験してきたけれど
やっぱり日本コンサは特別。
武道館に到着して杰倫の第一声を耳にするまで
どの会場でも味わったことない緊張感にあふれていた。

ようやく着いた武道館でデッカイ看板にニンマリ
入口にはプレゼント受付もあって少しばかり後悔。
中に入っても開演ギリギリまで重要なトイレの列が進まず
ガマンしきれず席に戻ったのが開演時間1分前。
結局時間どおりに開始せずムダな冷や汗かいちゃった。

「黄金甲」でハネを背負って堂々現れた杰倫は
心配された気管支炎の影響も感じさせないほど
声量たっぷり伸びのある歌声を躊躇することなく披露
第一声から間違いなく神がかっていた。
注目のヘアトップも迷の期待を裏切らない堂々の高さで
またしてもEmilyの企てにハマッた迷がココにひとり。(笑)
発券でどっぷり凹んだアリーナBの右寄り前列での観賞も
すぐ目の前の通路や高めのステージが功を奏して
ステージのどこにいる杰倫もすべてキャッチできる
音楽を楽しむに身の丈あった満足いく席でした。

「最長的電影」で気づいてしまった杰倫の鼻濁音。
風邪をこじらせての気管支炎がそんな容易に治るはずもなく
点から線へと・・・それは辛そうな声へと変わり
やがて耐えきれなくなった高音部分をさりげなくアレンジで凌ぐ。
次々と巧みに繰り出されるアレンジの数々は
コンサだけの特別感を生み出す賜物と信じていたけど
やり直しのきかないLiveにおいては
やむない声の不調をカバーするべく投じる手段でもあるんだなと。
そして、そんなフレキシブルなアレンジは
音楽家である杰倫だからこそ出来ることなんだ。
懸命に乗りきろうとする杰倫の歌声を耳で追いながら
気づくと・・・これまで注意もしなかったMVが次第に二ジんできた。

「雪の華」キレイでしたね。
やさしく切ない歌声も、懸命に練習した杰倫のキモチも。
これは日本迷からのリクエストに応えたものだそう。
「日本の雪を杰倫に見せてあげたい」
ある迷さまが言ったその言葉や
その歌詞の内容が自分の想いと重なって
好きな冬が一層好きになる・・・そんなキモチでいっぱいだった。
南国生まれなのに、なんて雪が似合う人なんだろう。

迷もビックリの‘我很忙’スケジュールのなか
ひそかに練習を続けていた三味線を愛らしい猫背で奏でる杰倫。
4日前のオファーに堂々応えた小山組の二人に脱帽。
またしても、音楽という共通言語にやられた思い。
お向かいのお琴教室から漏れる三味線の音とは異なる
記憶にパンチを残す、エレキ三味線の存在感ある音に
「豆腐~、功夫~」と跳ねながらも酔いしれた「周大侠」

tokeisou9817
↑ここってマジックも楽しめるとか!

周りは比較的おとなしめの日本迷が多かったようで
中盤に差しかかるころ確かに聞こえてきた
「ノリがわからない」って声。
日本人アーティストのLIVEしか経験なかったわたしも
国フォで初めて目にしたペンライトの波とあの横ノリに
大いに戸惑ったのは正直な話。
けど、感じ方が人それぞれなように、楽しみ方だって迷それぞれ。
いまのわたしは、要求されてもされなくても
蛍光棒もガンガンに振るし周りに負けないくらいの大声だってあげる。
あの杰倫をおだてて木のテッペンに登らせるべく。(笑)
何もないところから笑顔が生まれないように
神がかる杰倫の歌声もそう簡単には手に入らない。
蛍光棒の輝きも、黄色い歓声も、あの横ノリも
杰倫のあふれる才能を余すところなく引き出す応援メッセージ。
泣かぬなら泣かせてみようホトトギス
カンペキ秀吉派のわたしは杰倫が歌うまで待ったりしない。

そう、わたし的に表すなら、、
2002年「The one」では‘魅せた’
2004年「無與倫比」では‘聴かせた’
そして、ようやく迎えた今回のツアー
なかでも、この武道館は・・・‘気持ちの伝わった’コンサでした。
ほてった頬にあたる北風が心地よかったー
みんなで乾杯したビールもうまかったー

初めて足を踏みいれた武道館は
程よいサイズのこじんまりとしたアリーナ
ホンハムを思い起こさせる勾配の急なスタンド
どの客席からも距離を感じさせないやや高めのステージと
わたしのお気にいりに加わりそう。
国フォで2DAYS通して感じた「音が足りない」(あくまで素人耳)
武道館でもちょっとしたトラブルは随所に見られたけど
当初から危惧された音響もそれほど気にはならなかった。
何より、、他の会場には存在しなかった
アリーナで味わう、まるで空から歓声が降ってくる感覚。
次もココで、と素直に思えた会場でした。

興奮うずまく客席をとり残したまま
対照的に何ごともなかったようにステージを去っていく杰倫。
わたしたち迷にとっては‘キセキ’も
杰倫にとっては‘日常’なのね。

けど、そんなソッケない杰倫がどうしようもないくらい大好きだ。

デコ出しでも、モッてても、リアにデレデレでも
最高にcool、かっこよすぎるよ。
ナケチャウクライ。


迷の間で待望されるDVD化。
ムリなら・・・せめてCD(音源)を希望します。

2日目を残して、東京からの帰り道
ゆっくり徐行を続ける新幹線のなか
車窓に映るまっ白な雪景色がまぶしくてまぶしくて
ワサビたっぷりのお寿司食べたときみたいにツンときた。
杰倫は日本の雪見たのかな。。
今度はいつ、どこで、会えるのかな。
あ・・・またワサビきいてきた。

tokeisou9815
2/17 打ち上げでの杰倫、満足そうだね。

武道館で、またはその後お会いしたみなさま
楽しかったです、本当にありがとうございました~
いろいろご尽力いただいたみなさまにも感謝のキモチでいっぱい。
半分くらいはヘ●の話だったけど。(笑)
残念ながら、今回お会いできなかったみなさまも
次のチャンスにはきっとですよ!

そして、杰倫。
明日はマレーシアですね。
忙しいだろうけど、ちゃんと風邪治さなきゃダメよ。
迷のみんなは歌だけじゃなく、あなたの健康も望んでいます。
今度会えるときまで・・・

どうか元気で。。


最後までお読みいただきありがとうございました。。

comment

うぇ~ん

時計草さん

お願いだから、もう泣かせないでください~。。
やっと少し、日常に戻りつつあったのに、また思い出して大泣きですわ。
時計草さん、そんなに優しい文章ばかり、書かないでくださいな^^;

うううっ。

時計草さま、素敵なレポ、ありがとう~ 読みながら、ウンウンうなずいちゃいました。そうですね、ほんとに「気持ちの伝わる」コンサでしたね。
時計草さんと同じくツアー追っかけてきて、この武道館は特に意気込み感じました。ライブは生ものだから、全く完璧にこなすことはほとんど厳しいしちょっとしたトラブルはつきものですよね。それでも、武道館はわたしには完璧に近かった。本当に楽しくて最高だった。ライブでしか聞けないアレンジは、唄いっぱなしの声帯を守るためでもあるけれど、杰倫の声域の魅力を際限なく引き出してくれますよね。わたしも本当に映像・音源が欲しいっ。
翌日、泣く泣く帰られた時計草さんの分も声援おくりましたよ。心配されてた空席はそれほど気にならず、よりパワーアップした海外からの迷もくわわって、盛り上がりは前日以上に感じました。
次は2年か3年後か・・・・?それでも私はずっと杰倫をおっかけているし、次のツアーのために、また動き出す。それまで我慢して待てるし、浮気なんてできないくらい、杰倫の魅力でお腹いっぱい。こんな充足感をくれた杰倫に心からありがとう といいたいです。
そして、時計草さんはじめとする、迷のみなさまにも感謝。
これからも杰倫を温かく支援していきましょうね。また日本で、生歌を聴ける日がくることをねがいつつ。

  • やよい
  • [URL]
  • [edit]

と、時計草さん!!
いつにも増して。。なんて素敵な文章を書かれるのですかー。。
時計草さんのレポ読んで、私も泣かせてもらいましたよ。。

そうなんですよねー。声は出ていたけど、調子は万全ではなかった。
でも、それをカバーしようとする工夫の数々にかえってぐっと来た私です。。。これは本当にJAYだからこそ出来ること。JAYのLIVEだからこそ聴けること。本当に贅沢なことですよね。。

気持ちの伝わったコンサ。。素敵な表現ですね。杰倫の日本にかける意気込みや本気が、本当にひしひしと伝わってきましたよ。。日本語のコミュニケーションもかわいかったし。

>わたしたち迷にとっては’キセキ’も、杰倫にとっては’日常’なのね。
なんだか泣ける。。この一文。
芸能界という戦場で日々闘い続けるJAYが愛しい。。

>迷のみんなは歌だけじゃなく、あなたの健康も望んでいます。
全くその通りですよね。本当に。。少しでもJAYに届いてるかな、この声が。。

上の変顔のJAYがかわいい。。
こんなお茶目な顔を日々見られる、周りの人たちがうらやましい。。

今回は時計草さんとお話できて楽しかったです!
確かにヘ●の話、多かったですけどね(笑)。

時計草さん レポートすてき! お待ちしておりましたー。
武道館 感無量でしたね。
香港ではじめて今回のツアーを目にした時よりさらに感慨深々・・・
今もなお、杰倫が胸の中にいて、まだ歌いかけてきてくれるかのようです。
「豆腐!」と。 プププ
> ‘気持ちの伝わった’コンサ
まさしく。
伝わりました。 ドスン。ときました。
コレ、ほんまにDVD出してほしいですよねー!!!
あの時の感動を完全冷凍保存して、時おりチン。してまた味わいたいっv-217
と。その前に、私は買いっぱなしの台北Live DVDを見なくては・・・なんですけれど。
まだしばらく胸いっぱいかもしれません。
Jayに出逢えてヨカッタ。
そして時計草さんやみなさまとも・・・ついに!
ドタバタでお話もろくにできませんでしたが、次の機会を楽しみにしております。

時計草さん、お疲れさまでした。ゆいです
あの某豆腐店を彷彿とさせる昭和テイストな2階席で
時計草さんの右隣りの隣りに座っておりましたが
覚えていらっしゃいますか?

ホントに楽しいお話がいっぱいできて嬉しかったです
ず~~~っと延々杰倫の話ができる機会って中々ないもので

そしてヘ●話とは打って変って「愛」のある時計草さんのレポ
私もジ~ンときました

あ、もちろんヘ●話だって「愛」があるからこそ、ですよね?

はぁー溜息
時計草さんテイストレポート読むと、ストンと落ちてホっとします。

愛があるのが伝わってきてっとに心が暖まります。
ありがとうございます。

本当にJayの気持ちが伝わるコンサートでした。
ウンウン。
頷かせてください。

あぁ、ほんとにほんとに素敵なコンサだったのですね。
うー、それを見られて日本ファンはもっとJayに対する愛情が増えちゃったでしょうね。
時計草さん、素敵なレポ、ありがとうございましたー。
私も皆さんと同じ時間を重ねられたら。。。だったのですが、はぁ。
DVD化されたら食いつくように味わいます!

で!
ええぇ!
マジです?
高雄に出店しちゃうの?
Mr.J??
そしたらマジでバイトしたい。。。。
そして、弊店間際までアタシはお皿の片付けとか、お掃除とか、レジ閉めとかやってるころにね。。。
来るのよ、Jayが。。。
アタシを迎えに。
「おん、これから愛河にでも(デートに)行かない?」
「うん。行く!」って感じで二人は店の鍵を閉めて出かけて。。。
あれ?
いつの間にか妄想入っちゃってたわ。。。失礼。

時計草さま
マレーシアも終わったというのに、まだ興奮冷めやらずです。  時計草さんのレポを読んで、またまた感動がよみがえってきました。 もう、泣いちゃいそうだよーv-409v-409v-409 杰倫への感謝の気持ちでいっぱいになっちゃいましたv-409

そうそう、武道館のトイレは焦りましたね。私も30分くらい待ったかも~
もう少し、数を増やしてくれるとありがたいのにね。


♪たまさん

お肌の状態はOKですか?
残念ながら、武道館ではお会いすることができなかったけど
あの空間をたまさんとともにできたと思うとまたジ~ン。。
優しい?・・・ない、ない。
そう感じてもらえたなら、杰倫がそうさせるんですよ。(笑)

次こそ、次こそお会いしたいですね。
そ、わたしたちには次があります!

♪やよいさん

やよいさんこそ、気持ちの伝わる、なんて素敵なコメ!
いただいたコメ読んでは泣いてました。。
たしかに、武道館では他とは違う、何かを感じましたよね。
日本コンサを成功させてやろうという杰倫の底知れない気迫のようなものが!
CDでは決して聞くことのできない声やメロディ(←とくに高音域)
あのアレンジが大好きだからLiveやめられません。
仕事で17日に参加できなかったわたしに
心配していた会場や杰倫の様子をこと細かくお知らせくださった
やよいさんのお気遣い一生忘れません。
(他の迷さまレポでも、2日目は大成功だったと読んでまた涙・・・)
おかげで一安心して仕事に集中できました。
次のコンサは一体いつになるのかわからないけど
わたしもそれまで浮気することなくジックリ待てる自信でいっぱい。(笑)
>こんな充足感をくれた杰倫に心からありがとう といいたいです
また・・・ここで泣ける。。
わたしの人生に音楽という大きな潤いを与えてくれた杰倫に
やよいさんをはじめ、素敵な迷さまに巡り合わせてくれたことにも
あらためて‘多謝’といいたいです。
これは口先だけじゃない、心からの思いです。
何年後か先、再び日本のステージに立つ杰倫の姿を思い描きながら
今夜はゆっくり眠りにつくことにしよっと。。

♪greenさん

ゴメンなさい。
復帰に思いのほか時間かかってみなさまのとこうかがえてません。
これを書き終えたらgreenさんちに必ずうかがうつもりです。

あれで、あの声で、杰倫の調子が万全でなかったと感じたのが
自分だけじゃなかったとわかって今ようやくホッと。
アレンジほか、音楽家・杰倫ならではの工夫の数々すごかったですね!
そう・・・キモチで補った素敵なコンサでした。
っと、16日の夜、後にも先にもないあんなチャンスに
どうしてgreenさんとこんな類の話をしなかったんでしょう~~~
バインの話でもヨカッタのに・・・
いつものごとく、後悔役に立たず、先にも立たず↓
わたしのバカバカ!

2/17打上げどこだったんでしょうね?
後ろにネットとかテレビ画面とかがかすかに映ってるようなので
スポーツバーとかで重慶で行われたサッカー東アジア選手権でも見てたのかなと。
杰倫が変顔するようになったのってここ最近。
もっと若いころはなかった!(と思う・笑)
年を重ねて思うところでもあるのかな・・・とまた勝手な妄想。

台北では席が遠くてゆっくりお話ができなかったので
東京ではgreenさんとゆっくりお話できたことうれしかったです。
それにしても、へ●ばっかりでした。(トホ)

♪小桃さん

「豆腐、豆腐!功夫、功夫!」・・・あ

わたしったら小桃さんちにもごあいさつうかがえてません。
場所リサーチからすべてすべてお任せしっぱなしで・・・
おまけに礼なし、ホント失礼なヤツでゴメンなさい。。
で、たしか前レスにも書きましたけど
小桃さんったら想像どおり、blogのイメージそのまんまでしたわ~
あの名物マスターいる店に入ってすぐに「あ」と。
で、「あの方はダレ?」と急いで周りに聞いてみたんですけどレスなく・・・
「おかしいな?違ったかな?」で、2階に上がってしまい・・・
その後は新参者の連れがいたのであちこち動けず・・・
うぅ・・・実にもったいないことしました。
>あの時の感動を完全冷凍保存して、時おりチン
そういう小桃さんワールド、生でお聞きしたかったのに。。
次のチャンスありますよね、ね。。

武道館での杰倫、まだここんとこ(←ムネ)にいますよね!
あっ、いる、いる。。。(笑)

♪ゆいさん

キャー、もちろん憶えてますよ!
忘れるわけないったら、右どなりのとなりのゆいさん!!(笑)

で、わたし、失礼なかったですか?
コンサで燃焼、汗かいた後のアルコールが美味しくって
ウーロン茶組のみなさまとは対照的にワインをガブ飲みしてしまって・・・
何かやらかした感がどうしても拭えません。。(汗)
正直言ってください、失礼あったらここでお詫びします。。
わたしはみなさまと一緒で楽しく過ごしました!
で、お話したのがヘ●話メインって、うぅ・・・
どうして、またとないあの場所で・・・
あの曲のこんなところが好き、この曲のあのフレーズが好き、などと
杰倫の音楽話をしなかったんでしょう、わたしったら。
いまさら説得力ないですけど・・・「愛」満タンですよ~
次こそはっ、またお付き合いくださいね。

♪桐子さん

北の地はまだ春は遠いですか?

わたしは、さぶい、さぶい、さぶい・・・
(さむい、だけじゃ、この寒さ感が表せないので)
自分のレポがさぶい。。
相変わらず、レポじゃなく、ただの感想文、ボキャ貧弱すぎ↓
ふぅぅ、愛は十分余ってるんですけどね。(笑)

武道館、よかったですよね。
桐子さんにキモチ伝わって、杰倫もホッとしてるだろうな。
きっと、いまごろ。
ウンウン。

♪auさん

上手くお伝えできなくてゴメンなさい。
あれでauさんがいたら、もうカンペキでしたね、武道館。
「あれ?何か足りないな・・・」と
杰倫もその足りないモノ(人?)を探してたかもしれません。
DVD化するといいな、いやっ、してほしい!!
auさんにぜひとも見てほしい~~

出てます・・・出てますよね。
台中か高雄にMr.Jの分店を出すかもしれないと。
ヒャー、まぢバイトしちゃってください!
たしか記事の中には高雄の見所なんかもUPされてたものもあって
その中に愛河ってあったかしら?
ちなみに、そこは有名なデートSPOTですか?(メモメモ)
ただし、バイトにはもれなく、あの《秘密》学生服がついてきますけど。(笑)
制服ですからauさんにもちゃんと着ていただかないと!
いやん、妄想がひと回りデッカくふくらみそう~~
auさんのソレ、閉店間際までってとこがいいですね。
あ・・・妄想しすぎ?

♪crayonさん

経っっちゃいましたね・・・あっという間に10日間。
そして、あの感動の武道館も、やがては過去のモノになっちゃう。。
も、涙なしでは語れません。
チラっとでしたけど、crayonさんにも無事お会いできて・・・
武道館の素敵な想い出のひとつとなりました!

武道館のトイレ、国フォのときは回転よくってスルッと終わったので
同じように甘ちゃんに考えてたらこの有様↓
飲みモノ口にしてなくてよかったです。
(そういえば、crayonさんとお話したのもトイレの列!)
会場的にはOKだけど、トイレは改良の余地ありですね~
って、トイレで語るわたしって。。

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 球形の奏でる音楽 all rights reserved.

Profile

NO MUSIC,NO LIFE.

tokeisoh

Author : tokeisoh

JVR Music

Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Links

tokeisou11850

jaychouasia_banner

tokeisou9692

tokeisou9265



tokeisou11848

tokeisou9089

tokeisou9214

tokeisou9417

tokeisou9213

tokeisou10275



Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。