スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイーツ専門店《Mr.Qute》

(一応)旅行話の途中ですが、、

《Mr.J 光復店》隣に、ウワサのスイーツ専門店がオープン!
4/27(月)午後2時~試販売をスタートしたとか。

tokeisou11782

その店名も、、《Mr.Qute》 甘すぎる~~~笑
(あ、Mr.Queenじゃなかったみたいです…)


tokeisou11776


tokeisou11783


tokeisou11778

女の子が好きそうなかわいらしい店名に
白を基調としたシンプルな内装にピンクのソファーがアクセント
居心地よさそうな雰囲気で
おしゃべりしながらマッタリできそう。
(わたし的にはクロコ型押しのテーブルが好み)


tokeisou11784

気になるメニューのひとつ‘マンゴータルト’
ウワサどおり台湾のフルーツたっぷりのタルトが主役で
甘いモノがあんまり得意じゃないわたしでも美味しく食べられそう!
《Mr.Qute》では、テイクアウトもOKですね。

そのうち、たくさんの迷であふれること間違いなし。
わたしも、渡台のときにはぜひ足を運びたいと思います~
って、この《Mr.Qute》ってどのくらい杰倫に関係してるのかな?
チョット気になってます。。



【追記】
tokeisou11788

昨日5/1のオープニングには、忙しいなか親友の柯有綸もかけつけ
杰倫からもお花が届いたようですね。

色々なフルーツを使ったタルトに加えて
《Mr.Qute》ロゴ入りのプリン?もあるみたいです~
行かなきゃ、行かなきゃ。。

スポンサーサイト

台湾や旅のこと その4

こんばんは。
いまの時期は、大手毬・小手毬・キャロラインジャスミンと
わたしのお気に入りの花々がキレイなシーズン。
なのに、夏並みのこの暑さ、何とかしてほしい~

で、書いてる本人も終わる気がしない(苦笑)
3月の渡台のつづきです。
(ウダウダ書いててみなさんにどう伝わってるかわからないけど
旅してる本人は結構楽しんでますよ~)



(前からのつづき)


tokeisou11686


初めて訪れた彰化で初めにしたこと…
トイレに行った!

不案内な台湾では
いつ(許容範囲内の)トイレに出会えるかわからないので
トイレがありそうな場所ではとりあえず行くようにしています。

彰化駅は、幸いにも出会いたい部類のトイレ。
っかし、ドアを開けたら
天井からヒモみたいのがぶら下がってて思わず目が点(笑)
このヒモタイプ、実はこの後また利用しました~

Kちゃんが来るまでこの彰化で2時間。
予定になかったので下調べもしてなければマップもない。
と、駅の片隅に見つけた案内所へと向かう。

案内所にいたかわいらしい小姐に
「この周辺のマップはないですか?」と尋ねると
「…ニホンジンデスカ?」
どうやら日本語しゃべれるみたい~
友達が来るまでの時間、どこか立ち寄れる所はないか相談すると
ここから歩いて20分くらいの扇形車庫がおすすめと。
行き方を丁寧に教えてもらってサヨナラと。


彰化駅は、週末のせいか人も車も多くてとてもにぎやか。
駅前ではタクシーの客引きが競争みたいに行われてて
大きな行李房(手荷物一時預り所)があったりと観光客が多いのかも。
何気に抱いてただけの想像と全然違うんだから
どんな場所でも実際に訪れてみないとわからないよね。

小姐から教えてもらったとおり、駅を左に
歩道にあふれる自転車やバイクを避けながら進んでく。
少しして右手に大きな病院が見えると
左斜めに入って線路沿いの道を急ぐこともなくプラプラ。

この日は、昨日までと違って雲ひとつない本当にいいお天気で
台湾にいながらお散歩キブン♪
駅からチョット離れただけで人影もなく静かで
こんな知らない土地で行方不明になったら誰も気づかないよね…
要らない妄想はダメダメ。

と、行き止まり!
この辺りで線路を渡るはずの道がない。
線路の下に潜ってる、猛スピードの車が行き交う車道
ひょっとしてここを人も通るのかな。
それとも、ボーッとしてて行き過ぎちゃったかな。
いま来た道を振り返る…


tokeisou11688


あ、この地下道だ。
何度か中をのぞいたり耳を澄ましてみた後
勇気を出して地下道を走って抜ける(笑)

一瞬のうちに線路の向こう側へ。
線路を渡ってすぐの『台湾鉄路管理局 彰化機務段』を過ぎ
フツウのお家が立ち並ぶ住宅地に入る。
どこからか子供たちの楽しそうなハシャギ声
玄関先に咲いてる小さな花や風にひらひらと揺れる洗濯モノ
当たり前だけど、ここには生活の匂いがある。

う~ん、今度は本当に道を間違えたみたい↓

来た道をまた戻って
さっきの『彰化機務段』前で、ちょうど入口から出てきた男性に
「扇形車庫はどこですか?」と尋ねる。
「ここですよ」


tokeisou11684


ガクッ。。。。。
ま、下調べもしないで来たわたしが悪いんだけど
『扇形車庫』って書いてよ~~~

愕然としているわたしを(苦笑)
その男性が入口左にある受付まで連れていってくれて
「日本人の観光客が来てるから受付してあげて」
みたいなことを伝えてくれた。

受付には、制服を身につけたひとりの兄ちゃん。
言われたとおり、置かれたノートに名前と住所を書いてると
「東京から来たの?」
「ううん。」
「日本人は、…なコが多いよね~」
「キミも…だよね。」
不意のリップサービスに「謝謝~」と受付を後にする。

ホンモノの鉄道員のみなさんが働いてる
学校の校舎みたいなかわいい建物を抜けてくと
そこに‘扇形車庫’はあった。


tokeisou11690


先客の鉄男っぽい人や家族連れに混じって
大きな木陰に配されたベンチでお茶をグビグビッと。
いいお天気の下、20分近く歩いたから
もうノドがカラカラ。

線路脇の静かな場所、心地よい風が吹いてきて
何だか…この場所、ひと目で気に入っちゃいました。
時刻表を眺めるように、色々な旅を想像して
何時間でもボーッと時間を過ごせそう。

台湾で唯一残存する扇形車庫。
長時間を走った機関車が休憩したり保養したりする場所で
『機関車の旅館』と呼ばれてるとか。
長い時間を経たいまもバリバリの現役。

わたしが台湾の旅本を書くようなことがあれば…(ないけど)
絶対にここ(扇形車庫)を紹介したい。
で、必ず書こう。
入口に何の表示もないけど、彰化機務段の中にあると(笑)
(いつまでも根に持つわたし)


tokeisou11681


シンメトリーの美しさ。(正確には違うけど)
なかなか思うような写真がとれなくて
彰化駅でもらってきた観光案内の写真を参考にパチリ。
やっぱりプロって目の付け所が違うなぁ。


tokeisou11682


鉄男っぽい他人のマネして展望台から
列車の向きを変える転車台を中心に扇状に広がる様子がわかる?
車庫の中では、痛んだ車両の修理が
運がよければ実際に車庫入りする列車も見られるそう。
ちなみに、これで入場料フリー。


tokeisou11691


お疲れさまです。
役目を終えのんびり静養を続ける日本製のSLにも出会えます。
こんな貴重なSLが何台も並んでて
鉄道ファンじゃなくともテンション上がるよね。

帰りに、出入口の受付をそっとのぞいたら
週末とあって新しい訪問客の対応に忙しそうなさっきの兄ちゃん。
その横をサササッと忍者ばりに足早に通り抜けて
扇形車庫を後にした。

いつかまたここを訪れよう。


★この旅のBGM(何となく雰囲気で)


長文にお付き合いいただきアリガトウございます。
(次は鹿港、つづく)

5/1《Mr.Queen》オープン!

tokeisou10899

迷にうれしいニュースです!

杰倫が投資するレストラン《Mr.J》光復店に
4月末、スウィーツ専門店《Mr.Queen》を増設
5/1に正式オープン!
新オープンの《Mr.Queen》では、台湾の豊富なフルーツを使った
ケーキやデザートを販売するそう。
試食した杰倫の感想は、「不錯喔!」だったとか。

ショップにどんなスウィーツが並ぶか今から楽しみ~
といいつつ、、実は甘すぎるの苦手なので…
(ケーキとか好きそうな顔ってよく言われるけど・苦笑)
杰倫オーナーにはぜひ甘さ控えめのもお願いしたいです。。

★注)わたし個人の勝手気ままな訳によるものです。
↓《参考記事》

台湾や旅のこと その3

こんにちわ。
昨日は、最高気温が26度を超える所があるかと思えば
北海道では雪が舞う所があったとか。(もう4月)
と、前置きはやめて3月の渡台のつづきです。



(前からのつづき)

やがて列車が到着、前の人に続いて車内へ。
切符にある自分の座席あたりに目をやると
すでに頭がひとつ、ロングヘアの細身の女性が座ってる。
その隣に腰かけようやく旅キブンに浸ろうとしたとき
またまた誰かに声をかけられ
振り返ると学生さんっぽいひとりの青年。
「そこボクの席です」

いやいや。
台湾では‘他人の席に平気で座る人がいる’って話はホントなんだ。
ここは切符を提示して自分の席だとハッキリ主張しなくては…
と、わたしの手にする切符を見たその青年から
「あなたの席は隣ですよ」

「…?」(数秒後 状況を把握してアッと)

気がつくと、この短いやりとりの間に
隣に座ってた女性がマジックみたいにいつの間に消えていた…
思い込みってコワい。
他人の席に平気で座ってるのはこのわたしなのだから(苦笑)
照れながら席を移ると新しいお隣さんから「謝謝」
迷惑をかけてしまったこのわたしに。
台湾では習慣的な一言なのかもしれないけど
とてもやさしい言葉のように感じられた。。

時間どおり10時半に列車が出発。
窓に映るビル群や立ち並ぶ民家を抜けて
まだ3月というのに田植えを終えたのどかな田園風景が広がり
季節の移り変わりこそ違うけれど
日本と変わらぬ異国の風景に心が和む。

列車で3時間の旅。
退屈しないように旅本など持ち込んだのだけど
だけど、、、
景色を楽しむ目的さえ忘れて爆睡すること1時間チョット
苦楽なくして竹南を通過して海線入り。
眠ることにかけては天才級です(笑)

目覚めると同時にある感覚を覚えてバッグの中をゴソゴソ
駅で買っておいた例のモノをとり出す。


tokeisou11643


列車の旅といえば台鉄弁当!
丸い器に入った菜飯バージョン(100元)が人気だけど
白いご飯大好きのわたしは断然コッチ派(60元)
お弁当の底はまだホンワカ温かくて
鉄子心をくすぐるこの絵柄もいい~

シッカリ味の排骨、ハムやアゲ、煮卵、などなど
飾り気のないおかずに、ご飯がすすむすすむ。
ビックリするような衝撃はないけれど
何度食べても飽きのこない素朴な味がおすすめ。
(車内販売もあります)

この台鉄弁当。
高雄とか花蓮とか駅によって内容が微妙に異なるみたいで
また列車の旅するときは別バージョンを探してみよう。
(弁当ひとつでどれだけ語るんだ)

お弁当を食べ終えてひと息、視線を窓の外へ。
残念ながら海線って呼ぶわりには海はほとんど見えない。
(寝てて見逃しただけかも…)
いくつか駅を過ぎて徐々に視界が広がっていくと
今回の列車の旅の見所、白色風車群!


tokeisou11757


目の前まで迫る巨大な風車たち
見送っても見送ってもずっと長くどこまでも続く…
スッと真直ぐに伸びた白い柱や3枚の羽が潔くて
背筋を伸ばして気持ちまでシャキッと。
(カメラ構える手を伸ばしすぎてまたお隣さんに迷惑かける~)

のんびり列車にゆられながら目にする
駅名の書かれた青い文字とか
多くの駅で見られる柱や壁の碧がかったタイル貼りとか
小さな駅舎横にひっそり佇む花壇とか
日常を切り取っただけのごくフツウの風景が
わたしにとっては特別。

と、今日台北入りする予定のKちゃんから
「桃園から彰化往きの和欣客運に乗れたよ」とのメール!
どうやら最近できたという彰化往きの直行バスが見つかったらしい。
ならと、先に到着するわたしが待って
鹿港の手前、彰化で待ち合わせへと予定変更。

ひと足早く彰化へ到着。


tokeisou11689

乗ってきたEMU100系
黄色とオレンジの色合いがお気に入り。
なんでも引退寸前のとても貴重なイギリス製列車なんだそう。
台湾の鉄道には色々な国の列車が走ってて
鉄道ファンの人気を集めてるとか。
そのうち阿里山鉄道とか乗ってみたいな~

降り立ったホームには列車を待つ多くの人。
向かった改札で駅員さんにこの切符がほしいとお願いすると
チラッとこちらを見てから
ポンッと駅名の入ったスタンプ押してハイと。
いよいよ、初めての彰化だ!

(やっと彰化駅…つづく)

tokeisou11755

稲香MV出演の日本人の俳優さん(ミチオさんでしたっけ?)と女の子
この2人って何気に顔が似てるし親子なの?

台湾や旅のこと その2

こんにちわ。
昨夜 日付変更線を越える少し前に地震があって…
震度としては大したことないんだけど
ここのとこ地震の存在を忘れていただけに
ちょっとビックリしました。。

で、3月の渡台のつづきです。
とるに足りない些細な出来事やひそかに感じたことなど
すべて拾って書こうと思ってるので
きっとくだらないです、けど、書きます~



(前からのつづき)

出発の朝、ムダに早く目が覚めて余裕綽々で台北車駅に。

駅構内のコンビニでお茶やら必要なモノを買い
その場を離れようとしたとき後ろから誰かに呼び止められ
振り返るとご年配の女性
いま買い物をしたレシートをもらえないかとお願いされる。
「あ、レシートもらうの忘れてた…」

台湾のレシートといえば、そう、クジ付き。
理由は聞かなかったけれど、、
彼女は、わたしのように買い物を終えた観光客ひとりひとりに
こうして声をかけてるのだろうか。。。

…気持ちを戻して、地下にある台鉄の改札へと向かう。

実は、ここだけの話
年3ペースで地味に渡台を重ねてるわりに
台北車駅の地下(縦)の構造がいまひとつ把握できない。
(言っちゃったよ)
大概‘困ったときの市民大道頼み’で(笑)
とりあえず市民大道(駅の北側)へ出てリセットするんだけど
これってわたしだけなのかしら?

この日は問題なく改札くぐってホームへ。
台湾旅行者にもおなじみの悠遊カードの看板
台鉄でも使えるようになって汎用性が高くなりますます便利!
けど、自強号とかムリだよね。

台鉄の自強号といえば。
切符を買ったときに即行で座席の確認をした。
前に瑞芳まで利用したとき途中から座席なしで泣いたので(笑)
今回は、彰化までちゃんと座席ありで間違いなし。
利用される方はご注意くださいね。

彰化まで3時間と結構な長旅
ああ、隣にはどんな人が座るんだろう。
チョット、というか、かなり気になり始める。
感じいい人だといいな~

(まだ出発してないのに…つづく)

tokeisou11703

このギター弾いてる人、チョット素敵。。

柯有綸《SugarLady》MV

杰倫の導演MV、おなじみの面々も登場です。


…最近こういうの好きですね(笑)

台湾や旅のこと

こんにちわ。
ついこの前まで満開に咲き誇ってたサクラが
気がつけばもう風にゆられながらヒラヒラ舞い散ってます。
あっという間ですね…

で、
気が向いたら書くかも~なんてほざいてた3月の渡台のこと
いい加減忘れそうなのでボチボチ書いていこうと思います。
(※長文必至)

tokeisou11756

今回の渡台では、鹿港への小旅行を計画
休みの都合から2日遅れで台湾入りする旅友達Kちゃんと
現地・鹿港で待ち合わせすることにしました。
(行ったことない場所で待ち合わせって…)

台北から鹿港へは直行便がなく(たぶん)
高鉄(新幹線)・台鉄・高速バスで台中または彰化へ向かい
そこからバスで鹿港に入るという
チョットしたひとり旅。

過ぎる駅舎や往く道々の景色を楽しみたくて
迷わずのんびり列車の旅をすることに!

出発の前日、立ち寄った台北車駅で
大きく掲示された時刻表に見つけた海・山の文字。
数日前から何とはなしに海が見たいなと考えてたことを思い出して
近くの案内所で所要時間など確認してから
週末の切符を求めて混雑する窓口にて
二水往き自強号(海線)で彰化までの切符を購入。

何度も訪れてる台湾だし
台湾で列車に乗るのも初めてじゃないけど
ひとりで遠出するのはこれが初めて。

緊張して寝坊しないよう、その日は早めに就寝しました。

(つづく)

tokeisou11751

ダンサーさんを登場させて、ツアー延長のステージだったのかしら?

tokeisou11750

何が秘密なんだか…知りたい(笑)



【追記】

ひさしぶりに…
アーティスト設定を解除してみたipodから流れてきた
Robbie Williamsの《She's The One》

初めて知ったのは、たしか2年半前
少しの間忘れていたけど、すごくいい曲だと思う。


この曲を好きだといった杰倫はいまも聴いてるだろうか。。。

CCTV《台北故宮》

・・・あるブログさんで知ってYtで探してみました。
今年の1月、CCTVで放映された《台北故宮》特集。

その第5集である《瓷中繁花》の中で
「青花瓷」を歌う杰倫のインタビューが紹介されてます。
(作詞家の方文山さんも)

5:35くらいからBGMに「青花瓷」が流れて
その後、10秒程度のインタビュー。(まばたきNG)



M'S 男人味 4月號

tokeisou11728


tokeisou11730

ひさしぶりに・・・
ひさしぶりに・・・・・・鼻血出ました。。

4/1発行の『M's』 すごくいい!
シュッとしてるけど、一体いつ撮ったのかしら?
やっぱりかっこいい。。。

copyright (c) 球形の奏でる音楽 all rights reserved.

Profile

NO MUSIC,NO LIFE.

tokeisoh

Author : tokeisoh

JVR Music

Calender

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Links

tokeisou11850

jaychouasia_banner

tokeisou9692

tokeisou9265



tokeisou11848

tokeisou9089

tokeisou9214

tokeisou9417

tokeisou9213

tokeisou10275



Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。