スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIDA with CAFE // 広島




tokeisoh13032401




2月の広島で、事前にチェックしておいたアンティーク雑貨のショップへ。
広島駅前から‘ひろでん’に揺られ(ひろでんって丸みが多くて何だかかわいい
小さなカフェを併設するAIDA with CAFE


近代的な袋町小学校の向かいのビルの2階。
あいにく外壁を修繕中みたいで、外からの雰囲気はチョットわかりにくけれど、
小さな店内にセレクトされたナチュラル雑貨がギュッと詰められた
好きな雰囲気のショップだった。


もうホントにトキメクモノが多すぎて逸るキモチをかなり抑えながら
店内を何度も何度もグルグルグルグル。
(こんなワタシに‘こんまりさんのときめき整理収納法’は向かないね)


入口から奥まった場所にある、大通りに面した明るいカフェスペースで、
月替りのパスタセットに、ミニデザート+ドリンクをプラスして。



tokeisoh13032402



ミルクガラスのマグカップ、厚みのあるボッテリした口あたりが好き
そして、結構な大きさのミニデザート。
ひと口目のアイスクリームだけだとあれって感じだったのを、
上下の何かを一緒にかるく混ぜて食べたら美味しかった
人が多くてもすごく居心地のいいカフェです。


お腹をいっぱいにしてキモチを一度落ち着けてから、
ネイビーチェックのファブリックと琺瑯のプレート、ドットのビニル袋を購入。
雑貨のショップはあふれてても、自分の探してる系のショップって意外に少ないもの。
家の近くにあったら通っちゃうな






スポンサーサイト

好好台湾


tokeisou15179


わたしの大好きな台湾!
今日の帰り道、そんな台湾がいっぱいつまった本を見つけた。
青木由香さん著 『好好台湾』

このタイトルが実にイイ。


近頃、この手の本が増えてはいたけれど
やけにクリアで色気のない画像や文字にガッカリすることも多くて
たとえ台湾好きでも手が出せないでいた。


本屋の旅本コーナーには
『ロンドンの小さな旅』とか 『パリのカフェ散歩』とか
シャレててかわいいタイトルや装丁がいくらでも見つけられるのに
どうして台湾のは少ないんだろうと。

そんなガイドブックがあったら
台湾を好きになる人がもっと増えるはずなのに。

そんな夢の叶ったガイドブックの類です。
恐らく。。。笑


しかも、台北とそれ以外のエリアで半々くらい。
わたしの知ってる台湾も、まだ知らないこれからの台湾も
台湾好きの台湾であふれてる~

台湾にハマって抜け出せなくなるかもしれないガイドブック
と サブタイトルにあるけれど、わたしから言わせれば
もれなく 台湾へ行きたくて行きたくてたまらなくなるガイドブック、だ。

ああ、いますぐ台湾へ行きたい!!

現代アートの島へ。




tokeisou15170




瀬戸内海に浮かぶ7つの島+香川県の高松を舞台に開催されている
現代アートの祭典 「瀬戸内国際芸術祭2010」

10/31の閉幕を前に そのひとつ=直島へかけこみ鑑賞してきた!


夏の開幕からずっと気になってはいたのだけど
あの酷暑でとてもアートする気になんてなれなくてようやく。


直島行きのフェリー乗り場には
あいにくの曇り日ながらも海外からの観光客も含めて多くの人。

乗り込む前にひとまずチェックした案内板によると
世界的に有名な安藤忠雄さん設計「地中美術館」の入場整理券
今日の分はすでに配布終了とか。

なんと、聞きしに勝る人気ぶり~。


連れのKちゃんの話では、その情報を知らされて
芸術祭の詳細らしきモノがビッチリ書き込まれたノートを手に
ガックリ肩を落とす青年がいたんだって。


ああ、その青年に教えてあげたかったな。
「キミの目当ての地中美術館は閉幕後もずっと鑑賞できるよ。
それも、たぶん入場整理券なしでね」と。

この情報、どうやら彼のノートにはまだ書き込まれてないらしい。苦笑




tokeisou15163




おだやかに波間を進む真っ白な大型フェリーや
到着した宮浦港でわたしたちを迎えてくれた上品ブルーのフラッグ。
お天気のよい日には、青い海や澄んだ空に映えそう!


と、周りの景色に目をやってたらメール着信の音。
「ノンビリ見とれてる場合じゃないよぉぉお」
あ、そうだった と思い出す。
今日は(イマは香川県在住の)Yとココで待ち合わせしてたんだ。

気がつけば、やや遠くで港の杭に片足かけてるあやしいヤツが1人。
うぅ…できることなら他人のフリしたい。
いろんな意味で飛んでるYだ。


というわけで、仕事も年齢も好みもバラバラの3人による
現代アート鑑賞の旅がスタートする。


(そして、次につづく)



★今日のキブン フェリーだけに「人生の舵をとる」ってことで。


予定はないけど旅の準備


tokeisou12046


ついに買っちゃいました。

トイデジ。(現在は生産終了のa520)

ずっと前から気になってたトイカメラ
けど、フィルム現像なんて面倒くさがり屋の性格じゃムリと。
そんなわたしの目に留まったフィルム不用のトイデジ。

洋服やアクセサリーに比べたら
全然 問題にならないくらい‘かわいい’プライスなんだけど
デジカメ2台持ってる自分にホント必要なのかなぁと
めずらしく躊躇してました。

しばらく経ってもトイデジに対する熱いキモチに変化はなく
先日 エッセイ本についてUPした森井ユカさんだって
本で紹介するほどたくさんカメラ持ってるし(笑)
という、半ばムリヤリな理由で
ま、いいかと。


も、ホントかわいいんです。←すでに親バカ

単4×4本で動く小ぶりなボディとか
ウソみたいに遅~いレスとか
液晶モニターの‘はい’と‘いいえ’が逆になってるところとか
実にユルい、ユルすぎる。。笑

独特の‘ポラロイドブルー’(というらしい)を生み出す
このトイデジで、ブルー使いの印象的な
(↑とわたしが勝手に思ってる)
あの台湾の景色を収めたいなぁ。。


tokeisou12054


‘鶯の歌’なんて駅名も表示のし方もかわいい。。

旅や台湾のこと その6


6/20 廣州の新長隆酒店で予定されてる「雪碧見面會」
と思ってたら、こんなツアーが!

tokeisou11940

↑この画像をClickで拡大します!

チケットにホテル宿泊など含まれてこのお値段。
一体どのくらいの人数を収容できる会場なんでしょうね。
行けないとわかっててもつい気になってしまいます。



ご無沙汰してます。
むし暑いなと思ったら梅雨入り、台湾も梅雨入りとか。
(こんな話にも台湾?)
苦手な夏が終わるまでしばらく渡台できそうにないので
せめて旅行記でふり返ってみます。
そう、3月のね。苦笑

(前からのつづき)

二鹿を出発して、とりあえず鹿港散策へ。


tokeisou11939

振味珍 彰化縣鹿港鎮中山路71号


鹿港といえばやっぱり有名な阿振肉包(肉まん)!
にぎやかな界隈からは少し離れた中山路沿いに「振味珍」はある。

箱詰めされた肉包がいくつも並ぶ店先で
「意外に空いてるね」なんて言いながら1個だけ袋に入れてもらう。
そう思ったのは一瞬だけ、ドコからか人が集まってきて
あっという間に店先はいっぱい。

手にした肉包は、日本の一般的な肉まんよりやや小ぶり
真っ白で何とも品のいいいでたち。

パクッと一口頬張ってみると、、
ふわふわにやわらかくてほんのり甘い皮に
予想以上に肉汁たっぷりな肉餡。
それでいて、しつこくなくて何個でもイケそうなやさしい味に
何だか作り手の人柄が表れてる感じがした。

陽射しの傾きかけた夕暮れの鹿港路上で
容赦なくあふれ落ちる肉汁にギャーギャー叫びながら
頬張った肉包に2人して満足~

つい先日 放映されたTV「ダウンタウンDX」で
杰倫と縁のあるDAIGOが絶賛してた世田谷「鹿港」の肉まんは
ここ「振味珍」で修行した小林さんのお店とか。

そんな店、日本に増えてくれないかな。。


tokeisou11935

鹿港は、初めてでもどこかなつかしい、フシギな街。

(鹿港食べ歩きは、まだつづく)


★今日のキブン(おしゃれも仕事も恋もがんばろう・笑)


copyright (c) 球形の奏でる音楽 all rights reserved.

Profile

NO MUSIC,NO LIFE.

tokeisoh

Author : tokeisoh

JVR Music

Calender

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Links

tokeisou11850

jaychouasia_banner

tokeisou9692

tokeisou9265



tokeisou11848

tokeisou9089

tokeisou9214

tokeisou9417

tokeisou9213

tokeisou10275



Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。