スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬島時間 INUJIMA JIKAN



tokeisoh12112001



今年のゴールデンウイーク、写真家の青地大輔さんが手がけたアートイベント第九回 犬島時間へ出かけた!犬島時間とは、瀬戸内海に浮かぶ犬島内に点在させたアートを通じてコミュニケーションを楽しむモノ、なのだとか。


会期中のみ運行された臨時バスと 定期フェリーを乗り継いで犬島へ。ゴールデンウイーク中とあって人・人・人、フェリー乗り場で定員オーバーの船を何度か見送って ようやく到着。島では かつて民宿だった建物をリノベーションしたチケットセンターがお出迎え、これなら迷う心配はいらない。



tokeisoh12111903



その落ち着いた佇まいの中へ足を踏み入れると、たったいまフェリーで到着した人の列。みんな静かに順番を待っている、大人も年端のいかない子供も。頭だけのぞかせたスタッフさん、そっと控えめに記された案内表示もとても好きな感じ



tokeisoh12111904



ココで手にした「家プロジェクト」の鑑賞チケット(1,000円)。透け感のある白地にシルバー文字を並べた、ムダのないシンプルなデザインで、日付のスタンプさえ雰囲気よく映ります。



tokeisoh12112201



オリジナルグッズやアートプロジェクトのコンセプトをもとに集めた品々が並ぶチケットセンター内のストアで、思いのほか強かった陽射しを気にして 柄の傘を購入(なんと500円)。ふと視線をはずした先のコインロッカー、グレーの色合いや丸みを帯びた白抜きの文字が品よくて、預ける荷物がなくても使ってみたくなる様子だ。何なら家に持って帰りたいほど



tokeisoh12111905



到着したばかりだというのに人の多さにお腹が空いて(言い訳)ひとまずお昼ご飯。旅先で何度かご飯を食べ損ねた経験から自然と危機管理能力が身についてるのだ~


同じくチケットセンター内に併設されたカフェで、瀬戸内の魚を使った犬島まつり寿司を。
しばらくして出されたトレイ。ま、島での食事だからこんなモノかな。


tokeisoh12111901



準備される食事を待つ間も、隣のショップで買い物する人が後を絶たない。急に増えた人の波にスタッフさんの手が追いつかない様子で とうとう誰もいないレジに人の列。なのに不思議、フツウなら現れるだろう急かす人も腹を立てて帰る人もいない。ああ、そうなんだ。ここには犬島時間を楽しめる、そんな人が集まるのだと思った。


島へ着いてから大して時間は経ってなかったけれど、もうすでに犬島のゆっくりとしたの流れを満喫したキブンだった こんなとき単純な性格ってベンリ

スポンサーサイト
copyright (c) 球形の奏でる音楽 all rights reserved.

Profile

NO MUSIC,NO LIFE.

tokeisoh

Author : tokeisoh

JVR Music

Calender

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Links

tokeisou11850

jaychouasia_banner

tokeisou9692

tokeisou9265



tokeisou11848

tokeisou9089

tokeisou9214

tokeisou9417

tokeisou9213

tokeisou10275



Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。